月別アーカイブ 2018年8月

低身長に悩む親御さんの間で話題のサプリとは

ホルモンバランスの乱れが起因しているのか、産後に肌がひどく荒れるようになりました。肌の乾燥は妊娠前からの悩みでしたが、化粧水で肌がピリピリするようになったのは産後からでした。その際に、乾燥性敏感肌用に開発されたコスメを使い肌を触りすぎないように気をつけて、化粧水とクリームのみのシンプルケアをしたところ悪化する事なく肌の状態が改善されました。

産後はスキンケアしているほど時間に余裕もないので一挙両得でした。

人の肌は年を取るごとに、皮膚の組織の代謝活動は鈍くなるそうです。20代と比べると40代の肌は倍の日数が必要となり、古くなった皮膚が剥がれないのでシミが増えていきくすんでくるのも仕方ないことです。

40代になったら付けるだけではなく、ピーリングで角質ケアもしています。
時々ピーリングも始めています。

この頃はくすみが徐々に取れていって明るい顔色に戻っている気がします。
やったことが無い人にはおススメです。毎日続けているお肌のケアでも特に心がけているのは、やはり保湿が一番です。

お風呂上りには真っ先に化粧水をケチることなくしっかりと顔に染み込ませます。その後は必ず、美容液成分入りの乳液で蓋をするようにしています。

私が愛用しているのは、ヘチマ水です。お値打ち価格ですので、たっぷりと使っても気になりません。

顔から下、胸元までパシャパシャとつけていきます。
この方法でスキンケアするようになってから肌トラブルを抱えたことはありません。
スキンケアの基本は洗顔です。

自分の洗顔を見直し正しい方法で行うことこそ、美しく整ったお肌へと続く近道なのです。

洗顔と聞けば手で洗うだけと思われがちですが、それは大きな間違いです。
洗顔は良く泡立てた洗顔フォームを使用してこそ、正しい洗顔と言えます。指先で直接顔のお肌を洗うのではなく、モコモコの泡を顔に転がすようにして行うと正しく顔を洗うことができます。

洗顔後にはすぐに化粧水で潤いを与え、続いて乳液や美容クリームなどでちゃんと保湿することも忘れないでくださいね。三十路に入ってからというもの、目元のシワやたるみが目につくようになりました。その頃に出産を経験したので、ホルモンバランスとの関連性も否定できません。目の下には複数の小ジワ、ちりめんじわも出来てしまってました。

対策としてはたるみ解消の目の体操と、夜はシワまで潤いを閉じ込めるケアをしっかりとしています。体操は、目を大きく見開いて閉じるの繰り返しをします。洗顔後のスキンケアは、毎晩しっかりと保湿するためにパックをした後に、より保湿されるよう目の下にだけワセリンを少し塗るようにしています。

乾燥や刺激に弱い敏感肌を優しくケアするだけでなくエイジングケアも一緒にできることが、化粧品「アヤナス」の特徴です。乾燥肌は肌のバリア機能がほとんど働かない状態にあります。

そんな状態で摩擦や紫外線といった外部刺激を受けると炎症反応が起こり、コラーゲンが切断され、肌の弾力が失われ、シワ・くすみなどの原因となり、健康的な肌と比べてより年齢を感じさせる肌に見えます。

アヤナスは特許取得の技術で角層の上に膜をはり、失われたバリア機能に変わってお肌を外部刺激から保護します。

また、普通のセラミドの倍以上の浸透力&保湿力を持つ「セラミドナノスフィア」が、たっぷりとお肌を潤わせます。

選び抜かれたリラクゼーション効果のある香りが、毎日疲れが溜まりがちな女性のココロと敏感肌を心地よく潤してくれます。

妊娠の初期段階ですでに、いつも通りのスキンケアでは肌が負けてしまい敏感な状態になってしまいました。衣類の刺激で体がチクチク痒くなったり、顔もガサガサとして潤いがなくなってしまいました。

そういうわけで私はより肌に優しい無添加の化粧品を使い始めました。

出産をしてからは体の痒みは完全に消えてしまいました。

ところが肌の乾燥までは消えて無くなることはありませんでした。出産後で体力も戻らない中育児で時間をとられ、これまで行ってきたスキンケアを同じようにする時間はないので、時短でもしっかりとスキンケアできるオールインワンジェルを愛用するようになりました。
毛穴は広がると黒ずんで見えますが中でも鼻の毛穴はその様から、いちご鼻と呼ばれています。
いちご鼻を改善するには、根気よくケアしていくことが大切です。

鼻の角栓が気になるあまり、指先でにゅるっと押し出す事もあると思いますが、肌の今後を考えて我慢しましょう。

肌は刺激を受けると、防衛反応としてメラニン色素が分泌される仕組みになっています。日焼けやシミの原因成分こそがメラニン色素です。角栓を押し出す行為は気持ちのいいものではありますが、お肌の黒ずみの原因となるのでやめておきましょう。スキンケアを日々行う中でも、保湿はもっとも重要視しています。

お風呂上りには真っ先に化粧水をお顔にパシャパシャと、これでもかとなじませます。それからしっかりと、美容液も兼ねた乳液をなじませて化粧水の潤いを逃さないようにします。
私が愛用してやまないのが、ヘチマ水です。お手頃価格なので、たっぷり使っても大丈夫です。顔から、首筋から胸元まではたきかけます。

スキンケアはこの方法で長年続けてきましたがトラブル知らずです。

さぁ、気がつけば冬目前。

早いものです^^;寒い季節がやってくるのと同時に気になり始める乾燥肌。
今シーズンの乾燥肌を確実に防ぐためにぜひ積極的に取り入れてほしい栄養素はずばり、「亜鉛」です!亜鉛は栄養素の中でも特に人体が必要とする無機質(ミネラル)であり中でも爪や髪、当然お肌も新陳代謝をアップさせて美しく保つ効果があるんです亜鉛は牡蠣やレバーの他に、牛肉やたまご、チーズといった手軽なものにも豊富に含まれているのでぜひ普段の食事で取り入れてみてくださいね!

続きを読む

妊娠で肌質変化?粉吹きに悩んでいます

妊娠する可能性がある方や、妊娠初期の妊婦さんは日ごろの食事に気を付けていただきたいことはもちろん、それに加えて葉酸を補給することを正式に厚生労働省が推奨しています。葉酸の適切な摂取は、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。サプリメントによる補給もおススメですが、サプリメントでの補給が、かえって悪影響にならないように、化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することがポイントです。
子供が男の子か女の子か気になってしまうところですよね。
妊活の最中に可能な産み分けのやり方と言うのがあるんですね。
これは、タイミングを計るなど自身で出来るようなやり方から、医師に相談するという方法まであり、男女の産み分けがうまくできた人もいます。
とはいえ、赤ちゃんは天から授かり物なのです。

希望する性別の赤ちゃんが必ず授かるとは限りませんが、産み分けに挑戦してみることもいいかもしれません。

女性の場合は妊活中の飲酒は避けるよう注意されることが多いです。

それは、妊活中はいつでも妊娠している可能性があると考えて妊娠が分かっていない時期に、アルコールの影響が胎児に及ばないようにするためです。

それから、お酒の作用にはホルモンバランスを乱したり、冷えを引き起こす原因となるため、妊活中の女性にとっては注意すべきものであるためです。暑い時期には思わずキンキンに冷えた飲み物を飲みたいと思いがちですが、女性の中でも妊活をしている方は可能な限り体を冷やしてしまう飲み物を避けた方が無難でしょう。

それに対して、ホットな飲み物をとることは妊娠に関与するホルモンの働きが改善します。

飲み物のみならず、生活全体を通して体を冷やさないように気を付けてください。妊娠ひと月前から妊娠初期段階の妊婦において積極的な葉酸の摂取が求められています。胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。
さて、厚生労働省による理想的な一日の摂取量ですが、1日あたり葉酸0.4mgです。

さらにこれを毎日摂取する必要があるのです。
野菜だけで補おうとすると葉酸不足の心配もあります。ですので葉酸サプリを利用することをお勧めします。考えればわかることですが、妊活の最中は体の健康を保持することが前提条件と言えます。
その実現のために重要なのは栄養が偏らないようにすることと、適度に運動することの二つです。

太り過ぎ防止の意味合いもあるのですが、血行を改善させると、摂取した栄養分が運ばれる際に、円滑に行き渡りやすくなるということも大きな意味を持ちます。

例えば、軽くウォーキングをすることなんかいいと思います。

葉酸を多く含む食べ物ですが、果物に限った話では、代表的なものにイチゴやライチがあると知られていますね。
その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。
柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多く含まれています。

柑橘類も葉酸が豊富な事で有名です。
ですので、葉酸を手軽に摂取しようと考えるならば、オレンジジュースで補うのもおススメです。体の冷えは多くの女性が悩んでいるものですが、妊活中の方にとっても体を冷やすことは最も避けたいものの一つでしょう。

冷えは血行不良を引き起こしますので、子宮や卵巣の機能を不調にさせるおそれがあるからです。

いま、冷えに悩んでいるという方は、靴下を使って冷えを遠ざける「冷えとり健康法」を実施してみるなど、体を冷やさないように注意しながら、体に溜まった冷えをとって血行が良くなるように努力してください。不妊治療にはいろいろなやり方があり、なぜそうなったかによってそのやり方も大きく変わってきます。
排卵日を確実に調べ、自力で妊娠するタイミングから、年齢の高い方や対外受精でも妊娠がむずかしい人が目指してみる最高のレベルと言われている顕微授精など、人それぞれの治療をすることができます。二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、生理周期は順調でしたが、通院でタイミング療法を受けることにしたんです。1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、そう簡単には妊娠できず、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。相乗効果なのか、全部飲み切らないうちに、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。

続きを読む

▲ページトップに戻る